子供 肥満 ぽっちゃり ダイエット方法

子供のダイエット方法

子供の運動神経を伸ばすには

子供の運動能力

子供運動神経 ゴールデンエイジとは?

投稿日:

子供運動神経 ゴールデンエイジについて

ゴールデンエイジという言葉を聞いたことはありますか?

お子さんがスポーツをしているという方や、スポーツが好きという方ならご存知の方も多いと思います。

ゴールデンエイジとは、簡単に言うと運動能力を高めることができる時期です。

運動神経が良くなる、スポーツをすることができるなど、運動やスポーツで体を動かすための大切な時期として良く使われています。

スポーツだけに限定されているわけではなく、指を使う楽器やお勉強なども当てはまり、何かを向上させるためにとても重要な時期になります。

ゴールデンエイジは、3歳頃から14歳頃までとなります。

その中でも、さらに3つの時期に分けられてきますのでご紹介します。

ゴールデンエイジ3つの時期

ゴールデンエイジを意味ある時期に過ごすかどうかは、パパとママの関わり方がとても大切です。

どういった子供たちの能力が伸びるかは、この時期が大きな影響を持っています。

両親の関わりが重要な理由は、子供たちは自分自身で「ゴールデンエイジ」を意識していることはないからです。

パパとママで、子供たちの能力が良い方向へ伸びるように環境を作ることが重要になってきます。

プレゴールデンエイジ(3歳から8歳頃)

運動神経の基礎は、神経経路の約80%が形成され急激に発達をするこの時期に作られます。

3歳~8歳の時期の子供達には、特定のスポーツだけをさせるだけではなく、たくさん体を動かせてあげられる環境をつくるのが大切です。

何かを教えるのではなく、体を動かす楽しさや興味を示したことをとことんやらせてあげるのが良いでしょう。

プレゴールデンエイジの時期に運動を経験させることによって、運動神経の成長を促すことができます。

ここで身につけた動作や経験は、神経回路の発達に影響を与え、将来的に平衡感覚・バランス感覚・集中力などを育てることができるでしょう。

プレゴールデンエイジの時期に、いきなり本格的なスポーツを教え込むということはしないでおきたいです。

まずは、3~5歳頃には遊びの中で運動をする習慣を身につけていきましょう。

かけっこやジャンプをすることなどシンプルな遊びや、ボールなどを使って体を動かすのも良いです。

特に気をつけたいのが、体を動かして遊ぶことが楽しいと感じることが大切です。

6歳頃からは、体力がある程度ついてくるので、基本的な運動動作が身についてくるタイミングになります。

たくさんのスポーツを経験させていきましょう。

いろいろなことから刺激を受け、たくさんのことに興味を持つ時期ですので、目移りしてしまうこともあります。

集中力が低いわけではないので、パパとママは長い目で見守ることも大切です。

現在の子供達の運動能力が低くなっていると言われているのは、このプレゴールデンエイジの時期に外で遊ぶ機会が減っていることが関係しています。

3歳から8歳の子どもたちには、いろんな種類の運動をさせてあげるようにしましょう。

早くから特定のスポーツでトップを目指すのであれば、プレゴールデンエイジの時期にいろいろなスポーツを経験や体験をしておくことが大切です。

プレゴールデンエイジでは、運度の種類と量を増やし、運動の基礎を身につけておくことで、次にくるゴールデンエイジに備えることができます。

ゴールデンエイジ(9歳から11歳頃)

神経経路がほぼ100%になり、自分が思っているように体を動かすことができる時期です。

運度の中で覚えることってたくさんありますよね。

このゴールデンエイジの時期には、何でもすぐに短時間で覚えることができることから、「ゴールデンエイジ」とも呼ばれています。

スポーツで大切な基本的な技術や、プロが行っている高度なテクニックもこの時期に教えていきましょう。

9~11歳頃に覚えたスキルは大人になってからも身についているものですので、どんどん何でも吸収させてあげてください。

また、精神面でも自我が完成に近づいてくるだけに、戦術や今の状況を判断するなどを考えさせるにはピッタリな時期です。

反対に、筋肉は未発達なので力強さやスピードを要求することはできません。

筋トレをして筋肉を鍛えるより、テクニックを教えていきましょう。

スポーツでトップレベルに到達するためには、ゴールデンエイジの時期に特定のスポーツを経験していなくてはならないということは、世界的な常識となっているようです。

ゴールデンエイジになると、特定のスポーツの特徴などを理解し、自ら意識的に取り組むようになってきます。

憧れの選手ができたり、ライバルが現れたりするのもこの時期ですよね。

ゴールデンエイジまでに無我夢中でできるスポーツを見つけられるようにしたいですね。

ですが、ゴールデンエイジの時期から決まったスポーツに集中して取り組むべきというわけではありません。

1つのスポーツに本格的に取り組みながら、他のスポーツを経験するチャンスがあれば何でも参加してみるようにしましょう。

野球少年団の兄弟がバスケットボールをしているのなら、一緒にバスケットボールをしてみましょう。

冬には、スキーやスノーボードをしにスキー場に行くのも経験になります。

できることなら、取り組んでいるスポーツと違ったスポーツをすることがオススメです。

ポストゴールデンエイジ(12歳から14歳頃)

ゴールデンエイジを経験し、体格に大きな変化が出てくる時期です。

骨格や筋力が急激に発達する時期ですので、パワーやスピードが養われてきます。

運動神経の成長が止まる時期なので、ゴールデンエイジとは違い短い期間で急成長をすることが難しくなってきます。

ポストゴールデンエイジでは、今の技術力を保ちながら、繰り返し練習をすることによって基本の質を上げていくのが重要です。

戦術的な理解をして行動をすることができる時期でもあるので、考えながら練習や試合をするなど実戦形式の指導が効果を期待できます。

課題や目標を与えることで、クリアできるように指導をするようにしましょう。

成長とともに変わることもある

プレゴールデンエイジと呼ばれる3~8歳の間に、たくさん体を使って動くことが大切ですが、運動が好きじゃなくても友達と一緒に動いていることで苦手を克服できたり、友達の影響でできることがどんどん増えてきたりと、成長とともに代わってくることもあります。

すぐに結果を求めるのではなく、パパとママで長い目で見守ることも大切です。

またスポーツが好きではない子供なら、パパとママに無理に運動をやらされてるという気持ちになってしまい、さらに苦手になることもあります。

運動が得意じゃなくても、他のことに目を向けてみても良いですね。

子供が好きなスポーツを見つけられるように、休日にパパとママと一緒に公園に行ってキックボード・スケボー・テニス・バドミトン・キャッチボール・サッカーなどすることも良いでしょう。

運動系のスクールに通うこともオススメです。

プール・体操・バレエ・ダンスなどたくさんのスクールがあります。

いろいろと経験をすることで、好きなスポーツを見つけることができると良いですね。

大人になると運動センスがなくても特に困ることはありません。

ですが、運動を通して学ぶことはたくさんあると思います。

子供には体を動かす楽しみをたくさん味わってもらいたいですね。

子供の運動能力を伸ばすには、褒めることが大切!

子供に運動をさせる習慣を身につけさせるために、「褒める」ということはとても大切な役割を持っています。

子供が運動をして成功した時には、思いっきり褒めてあげるようにしたいですね。

子供は、褒められるととても嬉しくなりますよね。

さらに褒められたいと思うので、同じことを繰り返し行ったり、もっと難しいことにチャレンジしたりと前向きに挑戦していきます。

「褒める」と同時にスキンシップを取りながら褒めることで、子供も褒められていると認識しやすくなります。

運動をするときに、子供がやりたくないと感じているときに、強制的に運動させるのは避けたいです。

運動を積極的にしようとしないからといって、押し付けで運動させても子供は全く楽しくありません。

最悪のケースでは、運動が嫌いになって、プレゴールデンエイジを逃してしまう心配があります。

どうしても運動をしない場合は、「運動の内容を見直してみる」「いっそのことお休みにする」などの気持ちの余裕も必要です。

体を動かすことが楽しい!と感じられると、日常的に運動することが自然と習慣化してくるでしょう。

プレゴールデンエイジからたくさんの運動経験をしよう!

プレゴールデンイエイジの頃から、特定のスポーツに固執することなく、たくさん運動やスポーツを経験することが重要です。

子どもは年齢や時期で様々な成長をしていきます。

その時期に最適な運動をすることを促したり、環境を整えるのは将来の子供の運動神経や運動能力にも関わってくるので、パパとママがしたいことではないでしょうか。

子供の食事、栄養おすすめ書籍

⇒ 成功する子は食べ物が9割 最強レシピ ― 幼児・小学生ママ必読! 食べたものでカラダはできている!

買いました。パン好きとしては一気に切り替えるのは難しいのですが、ごはんにしたり、全粒粉のパンを増やしたり。お子さんの栄養を気にされているママにおすすめ。

-子供の運動能力
-

Copyright© 子供のダイエット方法 , 2019 All Rights Reserved.